ブロックチェーンとは?何ができる?何がすごい?

ブロックチェーンとは?何ができる?何がすごい? スキルアップ・資格・スクール

世界的に有名な仮想通貨ビットコイン。
その基幹技術と言われるのがブロックチェーンです。

“ブロックチェーン”と、私が初めて聞いた時、クサリでつながったレゴブロックのようなものをイメージしました。

実際は「当たらずとも遠からず」でした。
まずは形から見てみましょう。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの分散イメージ

以下のブロックチェーンのイラストを見てみると、なんとなく雰囲気がわかります。

ブロックチェーンとは?何ができる?何がすごい?

 

ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれるユーザーのPCやスマホが世界規模で直接つながり合うかたちで、チェーン状に展開された分散ネットワークです。
ウィキペディアで調べてみると、日本語では「分散台帳技術」と説明されています。

 

少しIT分野を知るつもりで説明しますと、「分散」とは、1冊の預金通帳の1ページ目は私、2ページ目はあなたというように、分け合って保管することです。

「台帳」とは、預金通帳や小遣い帳、他にはアドレス帳やスケジュール帳のような記録や予定の集まりのことを言います。

 

改ざん防止を果たすチェーン構造

ブロックチェーンは、サトシ・ナカモト氏により、仮想通貨ビットコインの取引システムを作るために発明されました。

先のブロックチェーンのイラストでは、PCやスマホがバラバラにつながっています。

この上で金融取引を行うのがビットコインです。

ビットコインに参加する個々のPCやスマホには、ブロックデータと呼ばれる取引履歴の「台帳」を「分散」して記録します。

ビットコインでは、銀行やクレジット会社などの管理会社や行員や警備員のような管理人がいません。

取引は、ユーザーとユーザーが直接行い、台帳である取引データを個々に分散して保管しながら金融市場が作られていきます。

では、どうやって取引の安全性を確保しているのでしょうか?

 

ブロックチェーンには、分散されたブロックデータに不正な改ざんが行えないような工夫が施されています。

その役目を果たすのが、ブロックとブロックの間を鎖で結んだように管理する改ざん防止データです。

 

そもそも、ブロックチェーンの取引記録は、銀行通帳のような残高形式(ストック形式)ではなく、以下の例のように自分側の取引金額のみが記録されるフロー形式となっています。

つまり、自分のブロックだけを改ざんすると、記録に矛盾が生じてしてしまう仕組みになっているのです。

 

私のブロック
私の【100コイン】のうち、あなたに【100コイン】送信した

あなたのブロック
あなたの【100コイン】のうち、私に【100コイン】送信された

どちらかのブロックの取引記録を改ざんしても、ブロック同士に矛盾が生じてしまうというわけですね。

 

ブロックチェーンの今後は?

ブロックチェーンは今後、より身近になる必要不可欠な技術となるでしょう。

 

ブロックチェーンの隠し機能?

ブロックチェーンは、サトシ・ナカモト氏により、仮想通貨ビットコインの取引システムのために発明されたと説明しました。

実はブロックチェーンには、ビットコインの取引には使われていない隠し機能?があります。
  • より企業向けに使えるように管理者に集権させる機能
  • 通常は公開される取引記録を隠蔽させる機能
  • 仮想通貨を不要にして取引のみを行う機能
  • 一般的なポイントサービスに利用できる機能

などです。

 

IoTへの応用

ブロックチェーンは2.0と進化を遂げており、金融分野以外の応用も目立っています。

例を挙げると、ブロックチェーンの分散ネットワークを活かしたIoTへの応用です。

IBMは、洗濯機でいつも使っている洗剤がなくなったら、洗濯機が自ら注文して補充する機能、洗濯機が故障したら修理依頼を自らやって、また洗濯できるようになるまでフォローしてくれる機能。

ブロックチェーンならではの機能としては、現在の家庭の消費電力を把握し、これから行う洗濯の消費電力に合わせて、他の家電品と節電を調整しあえるような機能です。

これらをあわせたプラットフォーム「ADEPT」を提唱しました。

 

AIへの応用

ブロックチェーンをAIに応用する動きもあります。

分散ネットワークの上でAIを動かせば、その動きは世界中のコンピュータで確認・記録されることになり、その能力さえ制限できてしまいます。

結果、ユーザーにとって友好的でフレンドリーでなければAIは生き残ることができず、悪意あるAIは絶滅をたどるというものです。

 

ブロックチェーンの問題点

ブロックチェーンの問題点は?

 

ブロックチェーンの匿名性が課題

良くない話もあります。

ブロックチェーンは、管理会社や管理人を不在にするため、運営コストを格段に下げることができます。

その結果、特に新興国において従来型の金融市場へ市場システムの置き換えが進んでいます。

現在は貴金属市場や投資ファンドの市場が顕著で、ブロックチェーンの匿名性によって、マネーロンダリングなどの違法取引が問題視されているのです。

このようにビットコインの取引のために生まれたブロックチェーンは、すでに仮想通貨を超えて、幅広い取引技術・交換技術・調停技術として応用が広がっています。

 

ブロックチェーンの技術者が圧倒的に不足している

今後は、ブロックチェーンの適用範囲が広がり、その需要は爆発的に増えると予想されていますが、人手がまったく追いついていないのが現状です。

現在引く手あまたのITエンジニアは、忙しすぎてブロックチェーンに目をかける余裕がないのです。

ブロックチェーンの知識と技能を持っている人材は、今後ますます求められるでしょう。

 

ビットコインは実質的な経済利益とみなされた

ビットコインは実質的な経済利益とみなされた

これまで長い間、ビットコインなどの仮想通貨取引は、一部の人達だけの投機的な取引でした。

しかし今後は一般の人たち向けの証券会社などの企業が門戸を広げます。

今後は、これまでとは比較にならないほど多くの人たちが取引に参入してくると考えられています。

その後ろだての最たるものは、仮想通貨への課税です。

これまでは、仮想通貨が貨幣価値と認められていなかったため、日本円のような法定通貨に換金した場合だけが課税の対象でした。

しかしもはや仮想通貨自体が金融商品として社会的影響を高めてくると、国が仮想通貨を「実質的な経済的利益」とみなすようになるはずです。

現に税務署の親分である国税庁の個人課税課は、「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」という通達を出して、仮想通貨の税法上の金銭価値を明示しました。

この通達では、仮想通貨を取得した時から(換金していなくても)税法上の取得金額が発生していると記載されていることです。

例えば、仮想通貨で商品を購入したときの取得価格との差益、別の仮想通貨と交換した時の取得価格との差益、仮想通貨を追加で取得した際の移動平均または一括平均で算出した取得価格による差益などです。

仮想通貨が「実質的な経済利益」として認められた瞬間だといえます。

不安定な取引に参加したがる人たちは少数です。

かつての株式取引のように、しっかり課税されるおかげで、仮想通貨が安全に運用されるようになれば、今よりも参加者は増えていき、市場規模も健全に大きくなることが期待できます。

 

現実通貨とビットコイン

先程出てきた法定通貨、例えば日本円とビットコインを比較しながら、その仕組みを説明します。

まず、ビットコインには、日本銀行のような中央発券銀行がありません。

仮想通貨の発行はブロックチェーンと呼ばれる分散ネットワーク上に接続された、取引したい者同士で行われます。

ビットコインの取引は、銀行預金のような個人ごとの残高通帳のようなものがありません。

このような残高管理をストック管理というのですが、ビットコインは個々の取引のみをブロックに分散して記録します。

これをフロー管理と呼びます。

過去の取引は履歴として、ブロックに公開されるので、誰でも見たり検証したりすることができます。

ゆえに取引は匿名で行われます。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組みは?

 

連鎖管理による改ざん防止

分散と公開が行われる以上、不正改ざんの危険と隣り合わせになります。

 

ブロックチェーンは、ブロックごとにチェーンと呼ばれる連鎖管理を行い、ブロック間の改ざんが行われることを防止します。

また、取引はフローで管理されるため、どのブロックを見ても残高が記録されていないという安全性があります。

 

ビットコインの取引記録が展開されるブロックチェーンは、文字通り鎖状に連なった構造の分散データベースです。

鎖の前後は、取引記録の一部ずつが重複するように混ぜられながら連鎖していきます。

そのため、過去のデータを改ざんすることが非常に難しくなっており、金融市場を展開する基盤として認められるようになったのです。

 

マイナーという履歴の記録者

ビットコインの取引は、コインを相手から自分、あるいはその逆に送ることであり、その送付記録は、ブロックチェーンに記録されます。

記録には手数料が発生し、これを目的に参加しているブロックチェーンのメンテナー(維持作業者のことでマイナーという)によって記録されます。

その記録は誰もが検証し、確認することができるようになっています。

 

ブロックチェーンをまとめると

ブロックチェーンをまとめると

ブロックチェーンは、取引記録がオープンで分散記録され、誰でも確認できるネットワークデータベース。

ゆえに匿名取引を基本とし、チェーン同士の取引記録に改ざん防止を施しています。

ブロックチェーンは、仮想通貨ビットコインの基幹技術として誕生しましたが、その高い可能性が認められ、金融分野のみならず、IoTやAIの分野にも応用が広がっています。

しかしながら課題も多く、特に人材の不足が懸念されています。

ブロックチェーンはIT分野の中でも特殊であり、早くから準備しないと人材能力を発揮しにくいからです。

金融庁はビットコインを実質的経済利益とみなして課税対象に踏み切るなど、今後は安定拡大する仮想通貨として期待されます。

またブロックチェーンの用途は仮想通貨だけに留まらず、将来さまざまな分野で使われていくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました